数学は苦手だけど簿記にハマったよ!

簿記って何?簿記受けたいけどどうしたら良い?簿記で転職したいんだけど?という人のためのブログです!

簿記は一生食べていける資格?簿記の資格だけで食べていけるようになるには?

どうも国木屋 空(くにきや くう)です。

 

簿記はどのくらい役立つの?と気になる皆様の中には、「簿記って一生食べていける資格なのかな?」と気になった方がいると思います!

今日はそんな話など〜!

 

 

簿記の資格は一生食べていけるのか?

 

結論から言いますと、「使い方によっては、一生食べていくことは可能」だと思います!

 

「使い方によっては」というところが重要になってきますね。

 

簿記は合格しただけで開業できる資格ではありません。

簿記は、「この人は会社内でのお金の流れについてこのくらいわかってるよー!」というような資格です。

 

なので看護師さんや弁護士さん、社労士さんのように「資格を持っているだけで就職先が豊富!」とか「引く手数多、一生食べていける!」というわけではないです。

 

「簿記を持ってる」かつ「それ相応の経験をしている」となると、引く手数多になるかと思います!

 

 

 

簿記で一生食べていくにはどうすればいいのか考えてみた

 

せっかく取った資格なので、それを活かして生きていきたいですよね。

なるべくなら最小の努力で最大のリターンを得たい…!!!

と思いますよね?

思いますよね?というかわたしは思っています(笑)

 

せっかくあんなに勉強したんだから、一生食べていきたい〜!!(笑)

 

 

1 簿記に合格してから簿記を活かして就職した会社を定年まで勤め上げる

はい(笑)

当たり前だと思いましたか?

これで一生食べていけますね!

 

ただしその会社が倒産しないとか、辞めないとかいうことが必要ですね。

 

転職が多いこの時代ですが、当然、辞めなくてもいい会社なら辞めなくていいと思います。

これは一見実現できそうにも思えますが、不満の出なさそうな会社を見極めてから、就職しなければならないというハードルが割と高めかも?(笑)

 

2 簿記に合格してから転職に有利な経験を積みまくる

こちらは1とは違い、転職前提でのお話。

転職前提ではありますが、別に転職しなくても良いという…!

 

簿記2級+実務経験ってかなり強いと思います。

よく大手企業の求人には「簿記2級以上、実務経験5年」と書いてあったりしますから。

 

「転職に有利な経験」ってなんだよってお思いの方がいらっしゃるかもしれませんが、「経理を〇年やっていた」「決算業務に携わった」「会計事務所に〇年勤めた」などで十分転職に有利だと思います。

 

経理職への転職者は、経理経験者が良い!っていう会社さんは多いので。

面接では、どんな業務をやっていたかを細かく聞かれます。

 

わたしに簿記を教えてくれたおじいちゃん先生も、結構転職されていたようでした!

転職を重ねても、いろんな会社のお金の流れをたくさん見ていること自体が強みになると思いますよ!

 

 

3 簿記の資格自体を活かす

これは「簿記を学んだ経験自体を活かす」という…

 

簿記を教える先生になるとか、

簿記を教えるYoutuberになるとか、

簿記を勉強したいけどどうやって取り組んでいいか悩んでいる人のためにブログを作るとかさぁ。

 

あーもうこのブログだけで生きていけないかな…!!!!

 

あっ…野心出ちゃった…ハンニャバル)

 

 

そんなわたしのことはさておき(笑)、わたしに簿記を教えてくれた先生の中の一人は、専門学校に入学して簿記を学び、卒業して簿記の先生になったそうです。

すごい…!

そんな道もあるんですね。

 

簿記漬けの毎日…楽しそう!!と思ってしまうわたしは向いているかもしれない…あ、でもリアルタイムで教えるの緊張する…!

 

 

まとめ

 

簿記だけじゃ開業できないし、食べていけないのかな?と思いきや、簿記を活かして就職して、関連業務についていると意外と食べていけそうですね!

 

また、Youtuberなど最近の職業も考えてみました!

やり方によってはどんなものにも繋がっていきそうですね!

今は特技を売れるココナラとかもあるし…これからどんどん新しい仕事が出て来るかもしれませんね!

 

関連記事です!:簿記に合格したらどんな仕事に就ける?

 

 

疑問は解決できましたでしょうか?

少しでもお役に立てれば嬉しいです!

 

まだまだ解決されていないよー、という方!

こちらの記事たちも見てやってくださいな!:簿記の疑問 カテゴリーの記事一覧

 

その他不明点がある方、コメントからでもTwitter@からでも、お問い合わせページからでも、どんどん質問してくださいね!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!