数学は苦手だけど簿記にハマったよ!

簿記って何?簿記受けたいけどどうしたら良い?簿記で転職したいんだけど?という人のためのブログです!

わたしが簿記に興味を持った理由【初心者にオススメの本の紹介】

どうも国木屋 空(くにきや くう)です。

みなさんが簿記の勉強をしようと思ったきっかけはなんでしたか?

 

今日はちょっとわたしの話をしますね!

 

 

一番最初に簿記に興味を持ったのは

 

わたしはブログタイトルにもするくらい、数学が苦手でした。

だから数字も苦手!!だと思い込んでいましたね。

 

だけど、生きていく以上お金も稼がなきゃだし、その辺全然わからないから不安!!

と思っていました。

 

ちょうどその頃、というかその数年前かな。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか」という本が流行っていたんです。

結構有名なので、読まれた方も多いんじゃないでしょうか?

※クリックすると楽天ブックスに飛びますよ! 

 

日頃からブックオフに通っていた貧乏大学生だったわたし、結構本を読んでいたんですね。

そして、数年前のベストセラーって結構ブックオフに安く置いてあるんです(笑)

 

ちょっと作者の方には申し訳ないのですが、ブックオフで100円で購入!したんですね!

 

そして読みました。

 

わたしは会計的知識も何もない、数学がめちゃめちゃ苦手なただの大学一年生でした。

これがめちゃめちゃ面白かったんですよ。

 

数字とかすごく苦手だと思っていたのですが、かなりわかりやすくて。

めちゃめちゃ身近なものを題材にしてあったのですぐに飲み込めたのです。

スラスラ読めた上に、自分が頭が良くなったような錯覚もできました(笑)

これは売れるはずだなぁと、なぜかちょっと上から思ってしまいました(笑)

 

そうしているうちに、同じ作者の方の違う本が出たのですね!

 

※クリックすると楽天ブックスに飛びますよ!

 

食い逃げされてもバイトは雇うな

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い

 

の二冊。上下巻で!

結構衝撃的なタイトルでしょう!(笑)中身が気になってきませんか?

 

あ、これはちゃんと普通の本屋で買ったので、さおだけ屋の本をブックオフで買ったのは許してほしいです(笑)

 

この二冊も、初心者にわかりやすくて面白い!

数字って苦手だなぁと思っているわたしでも楽しく読めたんですね。

 

そして同じ同じ作者さんが「女子大生会計士の事件簿」という本も出していたのでそれにもハマり…

※クリックすると楽天ブックスに飛びますよ! 

 

って、こんな感じでどんどんハマっていました!!!

最初は100円の本から(笑) 

 

だけど、この時点では「お金のことって少しはわかったけどやっぱり難しそう」「会計士なんて雲の上の存在」「きっと簿記も難しいんだろうな」「本は楽しく読めるけど、自分が簿記とかの資格を取るのは難しいだろう」と思っていました。

 

 

次に興味を持ったのは

 

次に興味を持ったのは、そこから数年経った頃。

友人が「一緒に簿記取ろうよ!」と言ってきたんですね。

 

「そういえば会計士さんが書いた本にはまったし、これは良いタイミングだし、勉強した方が良いのかも!」

 

と思って簿記に申し込みました…が!

お恥ずかしながら結果は惨敗(笑)

 

詳しくはこちらから:わたしの簿記3級不合格経験

 

 

反省&諦めの数年間

 

会計士さんの本を読んでいるからと言って、簿記は全くのノータッチだったのに、ほとんど勉強しないまま挑んだ当時…

 

はっきり言ってバカでした(笑)

やる気もあんまりなかったのかな。

 

今まで全くなかった数字の考え方は本で学んでいたものの、それと簿記は別物、というか簿記的な考え方をして、きちんと覚える必要があった。

 

というかなんの試験でも、勉強せずに行っちゃダメですね(笑)

 

そして、自分が勉強をほとんどしなかったにもかかわらず…

「簿記向いてないのかな」「やっぱり簿記難しかったな」「簿記はもう良いや」「でも悔しい」「簿記はいつかは合格したいな」

と思っていました。いつかっていつだよ(笑)

 

 

そこから簿記への縁

 

そこから数年!社会人になったわたしはセクハラとパワハラで鬱になって仕事を辞めました。あらなんだか急にシリアス展開ですね…

 

そこで、ちょっともう働くの怖いなーとか思っていて、ハローワークの職業訓練に行ったんですね!

タイミング的に自分に合ったのが、半年間の簿記のコースでした。

 

「これは、ずっと気になっていたし、そろそろ勉強するタイミングなんだろう!」と。

全然勉強しなくて落ちた経験もあるし、今度こそやろうと!

 

そう思って受講することにしました。

 

あ、「お前はきっちり教えてもらって簿記とったんかい!!」って思った人もいるんじゃないですか?(笑)

 

そうです、わたしは人に教えてもらって簿記を取りましたよ(キッパリ)

 

毎年毎年、簿記だけを教えて数十年!みたいな先生にも出会えて、色んなことを教えてもらいました。

だからこそ独学の人にも、色んな情報をお伝えできるかなと思うんですよね!!

 

話が逸れましたが、そこで3ヶ月で簿記3級(日商簿記3級と全経簿記3級)、残りの3ヶ月で簿記2級(日商簿記2級と全経簿記商業・工業ともに2級)に合格することができました!

 

教わりながらでしたが、3ヶ月での日商簿記2級は本当にツメツメでしたよ!!

結構ギリギリだったな…と思います(笑)

また、簿記のコースと言えども、毎日毎日簿記だけをやるわけじゃないですからね。

他にパソコンの授業もあったし、資格も取りました。

 

授業終わりに図書館に行って復習したり、休日は家で一日中勉強したりして、やっとの事で簿記2級を取ることができました!

 

こうして最初に興味を持ってから約10年たって、簿記2級まで取ることができました!

 

 

まとめ

 

わたしは会計士さんの本を読んで、会計士は無理としても簿記は取りたいなーと思いつつズルズルしちゃいました!

資格取りたいなぁと思っても、モチベーションをキープするのって難しいですよね…!

大学時代はほぼ遊びに費やしてしまったのでした…。

 

簿記とか数字の考え方って難しいなーと思っている方、いらっしゃると思います。

そんな方には、文中でオススメした本、是非読んでいただきたいです。

 

あれから時間が経ったので、結構古い本になっちゃいましたが、簿記や会計の基本的な考えは変わりませんから今でもオススメできますよ!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

少しでもお役に立てれば嬉しいです!

 

オススメした本はこちらから↓